FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野市議会6月定例会 一般質問 要旨3

3.山間部、海岸部集落の生活維持について

(1)個人商店の消滅、移動販売車の廃業、農協の撤退など山間部や海岸部の集落での生活維持が困難になっています。
 出張所の改築などで行政面での手当ては進んでいますが、「暮らす」「食う」と言う面がどうなるのか不安を持つ人が多いです。
 自家菜園で猿や鹿と戦いながら野菜を作っても、完全な自給自足は無理です。
 今は、乗り合いとか人に頼んで中心部への買い物に来ている人も見られます。
 しかし、これとて運転できる人の高齢化で時間の問題と言える状態です。
 対策としては、
①移動販売車への補助によって巡回販売を維持する。
②中心部へのきめ細かい足の確保をはかる
③ネット活用とかで商店からの配達ルートの開拓
④ヘルパーでは無いですが「お助け隊」を活用する
…などいろんな物があると思われます。
限界集落を廃棄集落にしたほうが行政上は効率はよいかもしれませんが、できる限り維持できるようにするのが行政の役目かと思います。
市を挙げての取り組みをお願いいたしたいと思います。


 工場誘致だとか若者定住化などといえば格好よいです。
 もう、何十年も前からここだけではなく日本中でお題目のように唱えられてきたことです。
 円高の進行、進学率の向上、日本の給料水準の高さ、土地の価格の異常さ…
 その結果が工業の空洞化と過疎がどんどん進行したのです。
 今では、本当に地域密着で大切なのは、こうした年寄りだけの集落を守ってやることでしょう。
 効率も悪いし、世間受けも良く無いですね。
 でも、行政の大切な役目でしょう。
 
   人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 三重県熊野市では
ジャンル : 地域情報

プロフィール

JE2LUZ

Author:JE2LUZ
元・熊野市議会議員・中田せいじのぶろぐです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。