FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧堤防問題の経過報告 2010 8 5現在

旧堤防問題の経過報告
皆様の熱意により、とりあえず堤防撤去の入札は延期になりました。
そして、県土木からは撤去に伴う今後の安全策などの相談がありました。
私と畑井宏彦君が話を聞きました。
その際、市のほうも同行していましたが、当事者ではないと言うものの、ひたすら「撤去させてくれ」の一点張りで、裏面に記載した「桟敷問題」でも、「それは別の問題だ」などと言う立場まで示されがっかりました。
それに引き換え、われわれからは少し遠いはずの県の方が事後の安全策や花火桟敷問題にも正面から取り組む姿勢が見えました。

県の方としては、「住民の生の声が、改善されてはいるが、少量とはいえ波が越える危険性があり、対策を希望するのであり、熊野市が要望を出せば積極的に取り組んで、実現させたい。工法は、かさ上げ、堤防天場を使った内側堤防など検討します。」ということです。
災害発生後で無いと中々実現しない防災工事を引き出せそうなのも、皆さんの熱意のおかげかと思います。
役所の制度上、今年、来年と言う期間での予算化は難しいのですが、県の課長も真剣に取り組んでくれますから実現できると思います。

跡地のことに関しても、生まれる土地の幅が小さくて一部の人が言うような駐車場など出来ないことを、県のほうでもきちんと地元に知らしめるように要望しました。
跡地利用の計画を検討するため用意される予算が目的であるようなことすら漏れ聞こえてくる不思議な動きがあるようです。
私たちの希望は、『住民の安全と安心を守ってもらうこと』で、それ以外の裏などありません。
とりあえずは、初期の目的の安全対策を引き出せそうなところに進むことが出来た事をお知らせいたします。
ただ、気を緩めたら消えてしまう恐れもありますから今後も粘り強く頑張りたいと思います。
公共事業でこのような要望が聞き入れられることは少ないですので皆さんの更なるお力添えをお願いいたします。
木本旧堤防撤去によって花火桟敷はどうなる?
 昔、堤防が一枚であった頃には桟敷は浜側に突き出して浜に足を下ろして建てていました。
 浜との高さが毎年変わるので苦労しながら設置していました。
 何度かは桟敷が浜側に崩れましたが幸いなことに大きな事故にはなりませんでした。
しかし、今の時代、そんな構造の桟敷席を堤防管理者の県が認めるでしょうか?
 前に出せなければ、後ろに張り出しての設置となりますが、旧堤防が撤去されると、今度は国道側にせり出して、昇り降りも国道の敷地を使うことになりそうです。それを国道の管理者の国道事務所に認めてもらうのも結構難題です。

 このことが一度も工事計画では触れられていません。
 桟敷をやめさせると言う言葉も出てきません。
 利用価値のあまり見い出せない観光バス二・三台の停車帯よりはるかに熊野の観光に影響することが話題にも上らないのは意図的なのかもしれません。
 桟敷の管理運営には問題はあるでしょうが、千人分を超える見物席が消滅します。

 この問題について県に質問したところ、「設置できる方向で目下調整中です」 「桟敷設置不能となれば問題が大きくなりそうですから…」と言うことでした。
 桟敷が出来なくなれば、この堤防上は高さがあって危険なため、松原の国道同様座ることも禁止されるでしょう。通路も広くは無いし、上り下りの問題があるので通行も禁止される可能性が強いです。 
 明石の事故の例もあり、管理者としてはそういう規制をせざるを得ないでしょう。

 と、言うことで、桟敷問題も避けては通れないことのはずです。
 設置する桟敷の管理運営を市でやるのかなどは今後の検討課題ですが、この桟敷問題も堤防撤去問題と同時進行で解決しないと「後の祭り」では困ります。
 市の建設課などは「桟敷問題と堤防撤去は別の問題」などと言う、寝言のような事を言っておりますから、皆さんもしっかり目を見張っていてください。
   2010年8月6日       木本町新出町   中田 征治

1960脇の浜
 1960年当時の脇の浜の景色です。
 木本にもまだ沢山の漁船がありました。
 堤防の上では中学生などが鰹釣りの練習をしていたものです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 三重県熊野市では
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JE2LUZ

Author:JE2LUZ
元・熊野市議会議員・中田せいじのぶろぐです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。